• たかが石…されど石…

こんにちは。

木村石材の木村 希です。

明日は秋のお彼岸の入りとなります。

その前に戒名の追加彫りを行いました。

まずは1件目は名栗の現場です。

山の上にありまして、準備している最中も

上空をトンビが「ピーヒョロヒョロ」と鳴いてますし

アキアカネ(赤とんぼ)がいっぱい飛んでいるという

のどかな風景の中での作業でした。

先月に納骨が終わっていたのですが

諸事情があり字彫りが後回しになっていました。

お彼岸のお参り時には彫ってあった方が良いだろうとの判断から字彫りを行いました。

続いては所沢に戻ります。

ここからは来月上旬に納骨予定の現場です。

お彼岸中はどうしても作業は出来ませんし

彼岸明けに緊急の作業が入ってしまっているので

頑張って終わらせました。

まずは小さな区画(3尺角)の洋型墓石です。

背面がブロック塀ですので、一度目地を切って

前に当て物をして竿石を前に倒して字彫りを行います。

字彫り後、元に戻して目地を再施工します。

続いて場所を移動して竿石への字彫りです。

福島県産の浮金石です。

そして最後は墓誌への字彫りとなります。

なんとか4件完了できました。

移動や、お参りの方がいる場合は作業を止めたりとしてましたので

終わったのは夕方になってしまいましたが

無事に終わりましたので一安心です。

秋は台風シーズンですので

雨が降ると作業ができなくなる可能性もありますので

天気の良い時に前倒しで行いました。