• たかが石…されど石…

こんにちは。木村 希です。

新規石塔の建て上げが完了しました。

字彫り、下ごしらえをしておきました

インド産M1-H(黒)の石塔を建て上げました。

こちらの現場は、今から16年前に外柵及び納骨堂の工事を

させて頂いた現場となります。

間口に対して奥行きがある区画でしたので、お施主さんからの要望で3段型の外柵です。

 

まずは芝台(石塔の一番下台)からです。

納骨堂天場にはフタ石がかかっていますので

モルタルにて施工していきます。

四つ合わせ型ですので

下ごしらえをしておいたアンカーにて

L型金具を止めて補強します。

これで一日間養生期間をおきます。

 

養生後、本体の建て上げとなります。

中台、上台、竿石と順に施工していきます。

施工時には標準仕様とさせて頂いている

地震ゲルパッド【泰震】を使用していきます。

養生しながら目地を施工していきます。

目地施工後に、水鉢、香炉を設置します。

今回はブロンズ発色の花立てになります。

ちょっとワンポイントになりますね。

あとは、来月の開眼供養及び納骨となります。

一昨年のように雪が多くなってしまって

作業に支障が出ないように

早めのスケジュールで行っていましたが

お天気にも恵まれて無事完了することが出来ました。