• たかが石…されど石…

こんにちは。木村 希です。

先日、入荷しましたM1-H(黒手)の下ごしらえをしました。

これは石塔の一番下台になる「芝台」です。

今回は四つ合わせ型になります。

4つの石で台を構成するので

それぞれの石が動かないようにまずは固定用の

アンカーを打ち込む穴を開けます。

次に接地面になる下場をノミにて荒らします。

これによりモルタルとの食い付きが良くなりますので

しっかりと固定できます。

最近は、仕入れ先でこの荒し作業までやらせて

納品させる業者が多いそうですが

必ず自分でやるようにしています。

以前、技能士会長から言われたのですが

「自分でノミを入れて手に来る反動や音などで

石の硬さや粘り等を肌で感じろ!」と。

確かにこのインド材であるM1-Hは硬い感じがします。

ノミを入れると「キン!キン!」と鉄を叩くような

非常に甲高い金属音がします。

やはり自分で施工する石ですから

肌で感じる」というのは非常に大事だと思います。