• たかが石…されど石…

先日の、台風で倒壊した墓誌用に

墓誌下駄を作りました。

台風24号で倒れてしまった墓誌です。

この時は、お客さんの納屋の屋根も全部まくられてしまったそうで

想像以上の強風が吹いていたことが想像できます。

このように墓誌下駄がくっついたまま倒れてしまったので

墓誌下駄から作り直します。

石は茨城県産稲田石です。

以前、行った工事でスペア用に多めに入れておいた材料から作ります。

既存の物と同じ寸法で作りますが

墓誌の入る部分の切り込みが浅かったので

今回は少し深めにしました。

寸法に切断、加工後に

ポリッシャーにて研磨を行います。

この後切り込み部分を落とします。

その後、墓誌下駄から倒れていた事を考慮し

下場にステンレスピンを入れる為の穴を加工します。

これで、現場に取り付けとなります。

あとは交換用の墓誌が入荷次第

字彫りを行います。

 

石はそれなりに重いモノですが

墓誌のように厚みが無く

風を受ける面積が広いもので

さらに畑の真ん中にある墓地等では

今後、昔はあり得なかった強風や豪雨が

多くなった最近では

このような被害が出る可能性はあり得ると思います。

都市部ではビル風による突風も起こる時代になっています。