• たかが石…されど石…

お墓の花立ての中央にくぼみがありますよね。

これって何の為にあるのでしょうか?

これは「水鉢」といいます。諸説はありますが、亡くなった方の喉の渇きを癒やすために水を入れる所です。

よく、生前に使われてた湯飲み茶碗が置いてある場合ありますよね。

それと同じ意味を持ちますので

お参りの時はここにもたっぷりとお水を入れて上げて下さい。

また「水鏡」といってご先祖様の姿を映し出してくれるかもしれないそうです。

お参りの際にはぜひ、このくぼみにお水をたっぷりと注いで下さい。

補足ですが、とあるご住職に言われたのですが

お参りの際に、この水鉢にたっぷり水を注いだ後

花びらか、葉をここに浮かべなさいと言われました。

これは、小さな虫などが水を求めに来て

溺れてしまわぬようという慈愛の配慮からだと仰っていました。

どんな小さな命も大切にするという心が大事だと言うことです。

ぜひ、お参り時にやってみてください。