• たかが石…されど石…

ポイント1 〜加工〜

埼玉県西部地区では数少ない機械設備を保持しています。

しかし、機械があっても使いこなすにはそれなりの技術も必要となります。

石を切削、切断

工業用ダイヤの付いたブレードで石を切削、切断します。

切断時には熱を持ちますので水をかけながらの作業となります。

石を研磨

 

 

#50〜#3000、仕上げバフと砥石の付いた研磨盤を8〜9回取り替えながら研磨していきます。

この時も、石種によっては簡単には光沢が出ないので技術が必要となります。

石を掘る

  

既存の水鉢を落とし込み加工したり、香炉の穴を開けたりします。

石を加工

 

 

既存のお墓の石を改造したりと様々なご要望にお応えできます。

石を彫る

  

 

石に字(図柄)を彫ります。

ゴムシート切り抜き、サンドブラストで字彫りをします。

そのあと文字の底をさらいます。

追加彫刻彫り

昔は戒名などの追加彫刻は石を外してきて字彫りをして

また現場に施工するといったものでした。

しかし、現在では現場で彫刻するのが主流になっています。

戒名追加彫刻 ¥30,000〜(税別)

 

ポイント2

ポイント3