• たかが石…されど石…

国産とは


お墓に使われる石は原産地=産地になっています。

最近は、日本で採れた原石が中国などの海外の加工地に送られ

加工されて戻ってくるという「輸入国産」というものがあります。

全ての石種ではないのですが・・・

なぜ?日本で採れた石をわざわざ海外に送ってまた逆輸入するのか?

それは日本国内で加工するよりも人件費等の安い海外で加工した方が

価格を抑える事が出来るという点があります。

しかし、これを「国産」と言ってしまっていいのかという疑問も・・

 

メリットとしては価格を抑えて国産石種でお墓を建てる事ができます。

デメリットとしては、加工の精度低下、研磨工程の省略などが行われる

可能性があるということです。

しかし役物(曲面や細かい加工など)が多い場合は価格の差を顕著に感じられますが

角物の場合はさほどの差が出ないのも事実です。

お客様の立場で考えればどっちが良い悪いとは言いがたいのですが

石屋の立場から言わせて頂ければ

やはり、国産の石は日本人の手で作られてこその「国産墓石」ではないかと。

一般の方だと解りにくいですが、海外加工と国内加工だとやはり違いを感じます。

そこには、その石を知り尽くしている熟練の技術が注ぎ込まれて

その石が持つ魅力を最大限引き出す術を知っているという事だからです。

 

加工地を明らかにしないで国産石種を販売している業者も多々いるようですが・・

当社では国産石種で加工地が海外の場合はしっかりとお伝えします。

あとはお客様の選択に委ねて最高のお墓を造って頂ければと思っています。