• たかが石…されど石…

こんにちは。

木村石材の木村 希です。

現在、取り掛かっている

手水鉢増設の件で周囲に施工する

敷石他の下ごしらえ、施工を行いました。

先日、基礎を打設した所に施工する敷石となります。

手水鉢の周囲に施工する物です。

敷石といっても厚みは2寸(約6センチ)ありますので

基礎との接合面になる下場を荒らします。

まずはドライカッターにて切り込みを入れ

ノミにて荒らしていきます。

既存の手水鉢が高さがちょっと低いので

下駄石をかませますので、下駄石の下場も同様に荒らします。

生コン打設から7日間の養生期間を経てますので

仮枠を外します。

がっちり硬化しています。

排水用の塩ビ管をコンクリート天場の高さで切断します。

その後、施工位置に墨壺にて地墨を出します。

水道の配管の位置等の関係があるので、

先に既存の手水鉢を施工しなければならないので

台石となる下駄石を施工します。

施工位置にハイフレックスを添付してモルタルにて施工します。

下駄石の施工が完了しました。

手水鉢が重さがそこそこあるので、モルタルの硬化を待ち

手水鉢本体を施工します。