• たかが石…されど石…

梅雨に入って天気が不安定でしたが

合間をぬって石塔を建立しました。

先日、字彫りを行った

みちのく銘石の一つである

宮城県産 磐梯御影の石塔になります。

まずは石塔の台石となる芝台から施工します。

元々、既存の外柵がありましたので

その墓所への施工となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下ごしらえで開けておいた穴に入れたステンレスアンカーで

四つ合わせ型の芝台をL字金具で固定していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このあと養生して1日おきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

石塔は地震ゲルパッド【泰震】で施工していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中台、上台、竿石と順に組んで行きます。

そして墓誌、水鉢等を配置します。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はステンレスふた付きの花筒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納骨、開眼供養を行い

無事に引き渡しが完了しました。

今回は、採石している山まで行って

加工工程から見つめてきた仕事でしたので

非常に記憶にも残る仕事となりました。