• たかが石…されど石…

こんにちは。木村 希です。

先日入荷したM1-H(黒手)の石塔の

字彫りをしました。

ゴムシートを貼り、文字部分を切り抜き養生の終わった竿石を

字彫り小屋に入れます。

サンドブラストで字彫りをします。

サンドブラストによる字彫りが終わった状態です。

ちょっと見にくいのですが

この石は硬く、サンドブラストによる字彫りを行うと

文字の底部分が非常に凸凹になります。

これは特にインド材の石目がある石に多いのですが

このままでは見栄えも良くありませんので

ニューマーと呼ばれる空圧式のノミで文字の底を

さらっていきます。

最初に高い部分を尖った丸ノミでおおまかに下げて落としていきます。

その後、今度は平ノミにて文字の底を平らにしていきます。

このようにして一文字づつ進めていきます。

さらいの終わった状態です。

同じように水鉢の家紋も仕上げていきます。

ゴムシートを剥がした状態です。

文字がハッキリしていると思います。

外注で字彫り専門業者に頼んでいる場合は

このさらい作業は当然別料金になりますので

販売系の石屋さんではほとんど行われていません。

最近では輸入する前に中国で文字まで

彫ってきてしまう事もあります。

以前、あるお寺さんの御住職から

「木村さんの建てる石塔は他のと違って

なんか文字が前に来るというか非常にいいね!」と

お褒めの言葉を頂いたこともあります。

自社で字彫りを行いますので

非常に手間はかかりますが

せっかく建てて頂くお墓なので

少しでも良くすることを日々心がけています。