• たかが石…されど石…

先日、工事の終わった都営八王子霊園の

洋型墓石の引き渡しが終わりました。

もともと既存のお墓がありましたので

そのお墓を撤去する際に魂抜き(閉眼供養)を

執り行って頂きました。

ここで新しいお墓が出来ましたので

抜いて頂いた魂を戻さなければいけませんので

本日、開眼供養を執り行って頂きました。

 

早めに着いて、掃除をしようと思ったら

周囲の芝生が結構めくれていたのですが

近くに管理事務所の建てた看板があり、よく読んでみると

なんでもイノシシが掘り返しているらしく

遭遇した場合は逃げて下さいと書いてありました。

東京都とはいえ八王子ですからやはりイノシシいるんですね。

 

曇りと晴れの繰り返しでしたが

昨日のように雨も降らずに無事に開眼供養も終わり

引き渡しが完了しました。

ご希望通りのお墓に満足頂けたようで良かったです。

インド産のM1-Hの黒手の為、以前の物と違って

文字もよく見えると喜んで頂けました。

やはり出来ることなら着色などしないで

石本来の色だけでという方が良い物ですね。

友人の実家のお墓と言うこともあり

今後、継承者になられる友人のお兄さんとも

高校1年生以来に再会させて頂きました。

今後とも宜しくお願い致します。