• たかが石…されど石…

今月半ばに予定されている納骨式のため

戒名の追加彫りに行ってきました。

 

 

実は僕の同級生のお母さんが亡くなりまして

葬儀にも参列させて頂いたのですが

突然の事でびっくりでした。

二十年前にお父さんが亡くなって

その時にお墓を作らせて頂きました。

茨城県産真壁小目の上下蓮華付きの尺角です。

大きな農家なので、自宅敷地内に墓地があります。

こちらの家族の方には本当にお世話になっていまして

跡を取ったお兄さんには、墓地で使う除草剤を手配して貰ったり

年末にはたくさんの野菜を頂いたり

お姉さんにはかれこれ三十年近く髪の毛を切って貰っています。

一番下の弟が僕と高校時代のサッカー部の同級生であり

高校卒業後も、一緒にスキーに連れて行ってもらったりと

本当に身近な存在でもありました。

 

お墓工事の時には、土葬を全部掘り出して

初代の方(約百年前)の土葬と一緒に

一升瓶と飛行帽のようなものが出てきたのを鮮明に覚えています。

土が良かったせいか骨も綺麗に残っていました。

 

畑に近い墓地なので石塔の文字の中も

真っ黒になっていましたので,

字彫り後に綺麗に洗浄し、目地切れの起きていた所を補修しました。

あとは、納骨当日を迎えるだけとなりましたが

天気が良くなることを祈っています。