• たかが石…されど石…

さて、先日穴堀加工をしたもう一つの水鉢を

再設置となりました。

花立はプラスチック製でしたのでこんな感じでした。

台座も砕けてしまって筒自体も跡形もありません。

そしてこちらのお客様は香炉が昔のコンクリート製で

砕けてしまっていたので、香炉もご依頼頂きました。

確かにこれでは香皿だけしか残っていませんね。

 

まずは穴堀加工の様子です。

背面に水抜き穴もあけます。

 

穴掘り加工後に家紋内部や水鉢本体の汚れが気になりましたので

水垢落としをした後に、高圧洗浄機によって清掃します。

 

本来、この汚れの除去まで依頼はされてませんが

せっかく落とし込み加工を依頼して頂きましたので

ささやかではありますが、気持ちの問題なのでサービスです。

 

機械設備を持たない石材店の場合は

加工業者に依頼するわけですが

このような作業は場合によっては

別料金となります。

ここが自社加工の強みだと思います。

 

そして香炉ですが

このお客様の石塔は今は採石が終了してしまっている

山梨県産本山崎石でした。

「同じ石種で作るとなると・・」とお話しすると

「お線香があげられればいいよ」と言って下さったので

以前、加工屋さんからもらった端材で僕が作った

真壁小目石の角香炉になりました。

香炉の側面に字彫りを行います。

字彫りも終わったのでお墓に設置します。

無事完了致しました。

これで、次回のお墓参りの時には

問題なくお参りして頂けると思います。