• たかが石…されど石…
香川県産 庵治石

四国の香川県で採掘される花崗岩です。

この石の最大の特徴が斑(ふ)が入ることです。

斑(ふ)とは石表面に黒雲母が緻密に入り

指で押さえたような湿り気のようなかすり模様が出ることです。

この現象は世界にも類を見ない特有の現象です。

これだけでもかなり希少なわけです。

源平合戦の屋島の近くの庵治、牟礼地区から採れます。

大丁場と野山という二つの丁場があります。

この大きく分けて2つの丁場に数十社の採石業者が採掘しています。

一つ一つの結晶が細かく緻密であることから

仏像などの細かな加工をするには非常に優れた石です。

また、等級も細目(こまめ)中目(ちゅうめ)荒目(あらめ)とあり

それぞれにさらに等級があり

非常に細かく分かれているため

一口に「庵治石」といってもピンからキリまであります。

ちなみにこの犬のオブジェも庵治石です。

庵治のサビ石です。

また、他の花崗岩と比べても石目が緻密なせいか

極上細目と呼ばれるような最上級品になると

岩盤自体にキズやクラックが多いため

大材(大きな部材)を採ることが非常に困難であり

それがこの庵治石の価値を高めているのも事実であります。

この庵治に見学に行った時に、寄らせて頂いた

加工業者さんのお店には1億円の庵治石の石塔がありました。

さすが天下の銘石であります。