• たかが石…されど石…

連休も明け、天気も良かったので
字彫りの終わったインド産M1-Hの洋型石塔を建立しに
都営八王子霊園に行ってきました。

まずは、先日閉眼供養を執り行って頂いた
既存石塔を撤去します。

この都営八王子霊園は上の写真のように

予め都が施工した納骨堂とフタ石が施工してあります。

この部分については一切加工等いじることができません。

外した段階で水平をみると後方部分に結構下がっています。

当然、お墓本体の重さがかかりますので

台石である芝台は少し後を高めに施工します。

これは万が一に納骨堂がこれ以上

後が下がった場合に対応出来るようにした配慮からです。

そして竿石となりますが

ここには地震ゲル【泰震】を施工します。

洋型墓石なので重心も低く地震には和型に比べれば

強いはずですが念には念を入れます。

竿石の施工が終わりました。

目地を打ってから拝石、兼用香炉を設置し

花筒、香皿を入れて施工完了です。

あとは完成検査がありますが、他の都営霊園と違って

1週間ぐらいかかるらしいです。(なんでだろ・・)

検査完了後に管理事務所から連絡が来ましたら

開眼供養を執り行って頂き引き渡し完了となります。